http://news.livedoor.com/artic

http://news.livedoor.com/article/detail/12269727/
「安定」「転職無い」「商標」婚活市場で“高額”の都係員

若者のロマンス分かれ・婚礼分かれが嘆かれる一方で、婚活世界がにわかに高まる。
婚活市場で人気があるのは、意外にも都係員です。
バブル時世は商社マンや金融マンが男前のキーワードで、物悲しいイメージの公務員は蚊帳の外の側だった。
平成の婚活世界に何が起きているのか。
「昼前に新幹線で上京、品川駅周辺でお見合い3ケース」
これは、ゾーン在住の婚活当事者の勤め人の一日の日程です。
こういう婚活標的は全部都係員なのだという。
こういう婚活勤め人には、「どうしても都内に住みたい。そのためには転職がない都庁のユーザーとの婚礼がベスト」という譲れない力がある。

20代金の都係員男性はいう。
「近くで婚活をしているユーザーはいないですね。私も結婚していますし、まわりの係員も既婚輩が多いです」

夫公務員には残業がなく、育児や一家にもダイナミックだという世帯好みというイメージも都係員の婚活引っ張りだこに貢献しているようだ。分け入っても分け入ってもホワイトニング